板東眼科

088-695-5139

〒771-1502
徳島県阿波市土成町水田字月成121

院内設備

院内のご案内

待合室

待合室

ゆったりしたソファでリラックスしてお待ちください。

検査室

検査室

症状に応じて視力・眼圧・角膜形状解析・角膜内皮細胞・眼軸長測定・両眼視機能等、いろいろな検査を行います。

診察室

診察室

画像ソフトを多用して分かり易い説明を行います。

診察室
暗室検査室

暗室検査室

レーザー治療・ OCT・ 視野・ ERG・ VEP・ 超音波検査・ Hessチャート などを行います。暗いので足元にご注意下さい。

手術室

手術室

明るく広いスペースで高度な医療機器を備え、患者さまの不安を少しでも軽減できるよう努めております。

回復室

リカバリールーム

日帰り白内手術などに対応したリカバリールームを用意しています。手術前後に落ち着いた部屋で、ゆっくりとおくつろぎください。

コンタクト室

コンタクトコーナー

コンタクトレンズの処方を致しております。安全なお取り扱いをしていただくために、装用練習(コンタクトレンズの付け外しの練習)をしていただきます。

院内機器の紹介

ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計

見える範囲の検査や網膜の光の感度などを検査する機械です。 緑内障の進行度の把握や早期発見、頭部疾患からくる視野異常などの検出に役立ちます。視能訓練士が測定します。

自動視野計

自動視野計

コンピューターが自動で視野を測定します。

オートレフトポグラファー

オートレフトポグラファー

眼の屈折値(近視・遠視・乱視)・白内障手術前の検査をします。 角膜形状の解析ができ、コンタクトレンズの処方及び角膜病変の診断に役立ちます。

眼底カメラ

眼底カメラ

眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行ないます。

IOLマスター

IOLマスター

白内障手術で挿入する眼内レンズの度数を決定するために正確な計測が可能です。

OCT(光干渉断層計)

OCT(光干渉断層計)

網膜の断層画像を撮影する検査です。断層像から網膜のむくみの程度や出血の範囲・深さなどを見て、より正確に病気の診断を行います。

レーザー光凝固装置

レーザー光凝固装置

網膜の治療に用います。レーザーを発射して、眼底の病変を凝固します。

眼軸長装置

眼軸長測定装置

超音波で、眼球の直径を精密計測します。手術前検査として利用します。